ヨーロッパ通信 TOPページへ   ブダペストより


     民芸品探しとワイン立ち飲み♪(2006年3月17日)

天井が高い市場。中はとても清潔だ

青果売場はいつも賑わう。春夏の果物の種類には感激!

パプリカ・缶詰・はつみつ、お土産に是非




最近のブダペストは購買力が上がり、有名店舗もお店を構えるなど活気着いている。でも旅行に着たら、やっぱり現地の民芸品・特産物を買いたい、そして地元の人達の生活も見てみたい!それなら市場へ行くのが一番だ。ブダペストの銀座通りとも言われているヴァーツィ通り(Vaci u)を進むと建築物としても目立つ建物・中央市場へたどり着く。早朝から賑わいを見せる1階の市場、そして2階はハンガリーのお土産屋がずらりと軒を重ねている。

市場ではハンガリー料理に欠かせないパプリカが各種扱われており、お土産用の人形付可愛いパッケージもある。またフォアグラも有名なので、肉屋を周ってお勧めの商品を聞いてみよう。ワインやフルーツのお酒は中にあるバールで試飲の意味で飲んでみよう。地元の人達のおしゃべり、お店の人の掛語を聞いているとそれだけでワクワクしてくる。

伝統の刺繍用品や陶器もセンスは良く、また革製品も安くて質が良い。本当にたくさんのお店があるので まずは一周まわり値段の相場を知ってから値切って買物をするのも市場の楽しさだ。たっぷり時間をとって見たいポイントである。(凛)

中央市場 (Vasarcsarnok)
Vamhaz krt.  
平日 am6-pm6, 土 am6- pm2  日・祝祭日休

伝統の刺繍用品。テーブルクロスなど可愛い

陶器もセンスの良いものが多い

中のバーで一杯地元の人と乾杯してみよう!

戻る