ヨーロッパ通信 TOPページへ     ブカレスト より


  滞在型ステイ@首都マンション編(2007年5月21日)

首都ロマーナ広場すぐ側のアパートから

高木さんと担当者が直々案内してくれた

近くにはお惣菜も扱うスーパーがあるところも

 観光客にとりルーマニアや東欧の魅力のひとつは「物価が安いこと」。しかし宿泊事情ではそれが当てはまらない。首都や観光地のホテル相場は西欧諸国と変わらないかそれ以上することもある。3つ星ホテルでも平気で1泊100ユーロ以上、観光客よりもビジネス客の方が多いためか「いずれにしてもビジネスマンはホテルを予約する」と現地ホテルの態度は強気なのだ。ここ最近になり、ようやく4つ星レベルのホテルの建設が続いているが、もっと力を入れてもらいたいと実に思う。

それは5つ星世界チェーンであってもサービスがなってなく不快な思いをすることも多々あったからだ。「ルーマニアのホテルで満足できるのは壁紙くらいだ!」というジョークがあった頃とまではいかないが、5つ星ホテルで働く人間は5つ星ホテルのサービスを知っている人であるべき!とホテルの値段とサービスについては課題の多い国である。

そんな中人気が出ているのが、アパートタイプ型の宿泊施設。一般高層マンションの一室や邸宅を改造したものなど、長期滞在だけでなく数日の観光客にも対応するところが増えている。そこでまずご紹介したいのが首都ブカレストで不動産業・コンサルタント業を営むARTASが管理する部屋。代表の高木さんの顔が見える会社、その人柄からも安心と評判で、日本企業の出張者を始めリピーターが多い。便利なロケーションで首都中心部に30ほどチョイスがあり、1泊50−80ユーロと3つ星ホテルよりもお得、バスルーム付もあり広々快適な滞在ができる。中心地ながら近場にはスーパーや市場がある部屋を提供するなど配慮も嬉しく、ルーマニアらしい生活体験にもお勧め。ブカレストを拠点に各地周りたい場合も融通を利かせてくれることもあるので是非相談してみて欲しい。(凛)   

【関連情報】
ARTAS / NIPPON CONSULT S.R.L
ホテルタイプ・マンション宿泊の予約・問い合わせ
日本語直通ダイアル +40-73-055-3377
office@artas.ro  go_to_rumania@excite.co.jp

代表の高木さんは、以前、ガイド「地球の歩き方」にも情報提供をされ過去版には会社が「在ブカレスト商社」として紹介されている。またラジオ出演やASAHI WEEKLY「はばたけ地球人」に紹介されるなどルーマニアで活躍している日本人の先駆け的存在である。


現地雑誌にもインテリアが取り上げられたことがある部屋もある

複数人だとお得な広々とした設計、台所が多い。

バスルーム一例

BACK

戻る