ヨーロッパ通信 TOPページへ     

  魚を各国の味で食べる!(2006年6月22日)
ルーマニア料理は肉料理が多い。牛・豚・鳥・羊肉はもちろん、熊・イノシシなど野生動物も伝統

料理に出てくる。その一方で魚料理は少ない。街の魚も冷凍が多く、鮮魚もあまり美味しそうでないことが多い。ドナウ川のチョウザメのキャビアは海外には輸出されているが国内ではとても高価でレストラン以外ほとんど見られない。一般のルーマニア人は釣り好きの人が多く週末近くの湖で釣ってきた魚をフライにするくらいだろうか。

 そんな魚不足な生活で、美味しい魚を食べさせてくれるお店がある。旧邸宅を改装した天井の高い住宅街の一軒家。ギリシャ料理レストランだが、メニューは魚を選んでこちらで希望を出せるためイタリアンだったり日本風だったり応用可能、嬉しいお店だ。地中海からの魚を直輸入で良い品に出会えなかったら持ってこない!と毎回並んでいる魚の品揃えは異なるから質は安心できるだろう。

ここのムール貝はいつでも美味しい!ガーリックたっぷりで煮てもらうのがお勧め。たっぷりの魚介類パスタ、イカ墨パスタは注文する人が多い。白身魚はムニエルや、アジがあれば焼いてもらって醤油で食べたい。鯉はルーマニアでよく見られるのでお任せで煮付けてもらおう。と、魚を堪能しているうちに、何がギリシャ料理だった??となることも・笑  (凛)


予約しても混んでいる時は、店内奥のバーで一杯してから。

注文は魚を選びながら。久しぶりの魚にワクワク


ルーマニアなのでいつでもパンは一杯!

家庭でなかなか作ることがない魚のチョルバ(スープ)

お勧めムール貝。絶対食べたくなる一品!

MESGIOS
St. Jean  Louis Calderon Nr 49
021-313.4951/021-650.0344
地下鉄 Piaţa Universităţ ii/Romăna から徒歩約10分

戻る