ヨーロッパ通信 TOPページへ     


  料理で歴史を感じる(2006年9月14日)

店の入り口にはメニューがずらり、入る前からワクワク!

店内のショーケースに各メニューがカラフルに並ぶ

どの肉も新鮮で美味しそう!

スープの唐辛子付、サルマーレのぶどうの葉版などルーマニアと同じ

ルーマニアの歴史は複雑だ。紀元前にルーマニアを建国したとされるダキア人の時代以後、ローマ帝国、オスマン帝国、オーストリア・ハンガリー帝国からの侵略、ソ連との戦い、国は分裂したり再構成されたり、今でも隣国と領土を巡ってのいがみ合いは絶えない。

 こうした歴史から民族同士の問題も根強く残り悩まされているのだが、唯一嬉しいのは料理においても国や民族がぶつかり融合されたことだろう。ルーマニア料理に関係している各国料理はその比較が楽しい。

お腹いっぱい食べられ在住の各国外国人がその美味しさにはまると言うトルコ料理レストラン。メニューはメインの肉(串焼き)までもショーケースに並べられ選んで注文できる。スープや前菜は注文してすぐにサーブしてもらえるので忙しいランチタイムにもぴったり、昼時はビジネスマンで賑わう。スープ「チョルバ」の酸味の利き方、そしてルーマニア伝統料理でもあるロールキャベツを少し小さめにした「サルマーレ」などルーマニアと同じものが多い。またサワークリームや香草の使い方も似ている。

そうこうトルコの中のルーマニアを味わっていたら、トルコ風パンを蓋にした大皿がやってきた。ルーマニア料理もボリュームはあるが、オスマン帝国の巨大さには叶わない!?ぎっしりと上げ底なしの肉と野菜の量、持ち帰りにしてもらわないと食べきれなかった。噂どおりの美味しさとボリュームにお腹も心も満足だ。(凛) 
IDO MEMOŞ  
Str. Jacob Filix nr.15
 (sector 1 ) Bucuresti
最寄地下鉄駅:Piaţa Victoriei 徒歩10分
Tel 021-3177037

ど~んとサーブされたメインディッシュ

パンをめくるとグリルされた肉とたっぷりの野菜

関連ページ:
ルーマニア チョルバ 食べよう!
食べ方色々・酸っぱいスープ食べよう!

戻る