ヨーロッパ通信 TOPページへ   サンクトペテルブルグ より

お土産ART
第6弾 華やかならぬ派手さが売り
(2006年10月5日)


これが元祖マトリョーシカ

豪華なタイプのマトリョーシカ。胸には街の風景が

まつ毛がそれはまたキレイに描かれている

 ずらりと並ぶロシア民芸品を見ていると、華やかならぬ「派手」という表現が似合うと思う。可愛らしい模様でもそのカラーできつく感じたり、いかにも高級と言わんばかりのディスプレイだったり。なんだか大国ロシアにふさわしいと納得したり。

 ロシア土産といえばの「マトリョーシカ」は人形の中から次から次に小さい人形が出てくる日本でいうコケシ人形。しかし簡単な彩色のコケシと異なり何色ものカラーを花模様と一緒に施している。ひとつ1~3万円もするようなものはまつ毛や眉のお手入れも完璧!頬被りにも金箔やアクセサリーがいっぱいでこれが「ロシアの美女」代表かも!?最近はアニメキャラクターやロシア代々の大統領シリーズもあり遊び心がいっぱいだ。この極小サイズは手先の器用な日本人でも感心してしまう。

 イースターエッグやイコン的な絵も本当に精巧だ。ガラスや石、陶器それぞれに金や宝石をちりばめた豪華なものも多く、博物館の展示品としても有名だ。木工製品でも黒・赤・金使用が多いので、小物でもちょっと置けば部屋のアクセントになりそうな鮮やかさである。

 さてこれらお土産を買う場合値札がないことが多い。ちゃんとした店舗でも、露店ではないのは当たり前。ペテルブルグでは商品の値段が定められて値引き交渉なしとガイドにはあるが、観光客にはかなりふっかけてくるので値引きは当然と思い交渉してみよう。  (凛)


見つめてしまうほどキレイだったガラスのイースターエッグ

木皿なのに派手で存在感がある

男性へのお土産にうけるかも!?大統領人形。ミニサイズは本当に小さい
戻る