ドイツ  フランクフルト

こてこてドイツ料理のビア・レストラン
Mutter ERNST
Alte Rothofstarsse 12
60313 Frankfurt am main
Tel 069 283822
(予約をした方が無難。ただし、
大型団体の予約は受け付けていない)
営業時間 月ー金 09:00−22:00
土 09:30−17
定休日  日曜、祝日 

フランクフルトのブランド街ゲーテ通りに近い

フランクフルト名物のチーズ料理ハンドケーゼ・ミットムージック
(匂いがキツイ・チーズに玉ねぎと酢、オイルがかかっている)
リンゴ酒によく合う


豚肉をゼリーで固めたズルツェ。付け合せのフライド・ポテトが美味しい


当店自慢の名物料理、骨付き豚肉のとんかつ風フライ

レバーケーゼ。豚肉のすり身を固めたハンペン風。柔らかくて美味しい
フランクフルトでお客さんを迎えて一番困ること。なかなか、ご要望に応えることができるドイツ料理のレストランが少ないことだ。
金融の町フランクフルトの人たちにとって、ドイツ料理はお洒落ではないのか、次々とドイツ料理屋が、イタリアン・レストラン、フランス・レストラン、無国籍料理店に変わっていく。
川向こうの居酒屋街ザクセンハウゼンに行くと何とかドイツ的なレストランはあるが、中心街でドイツ料理を食べようと思うとレストラン捜しに一苦労。そんな状況の中で、未だにフランクフルトの中心街で伝統的なドイツ料理、それもフランクフルトを中心とするヘッセン地方の料理を出してくれるのが、ムッター・エルンスト。お勧め料理は、豚肉のコートレットのフライ、フランクフルター・ソーセージが入ったレンズ豆のスープなど。無論、フランクフルター・ソーセージもある。飲み物は、ビールとリンゴ酒共においているので有難い。(芯)
 目印は、ドイツ的なこの鷲の看板

ビール・カウンターもあって、夕刻、ビールを一杯飲んで帰る人も多い

頑丈そうな木製の机で庶民的な店内。

珍しくケルンのビール、ケルシュも置いている
フランクフルトの
戻る