ルーマニア  ブカレスト

ラテンの雰囲気スペイン料理
Valencia
Valencia
     Str. Dr.Leonte Nr 12 
021-312-8196

 
おつまみ盛り合わせも◎。
でもなぜかルーマニアサラダが!?

サングリアはたっぷりで料金はお手ごろ

パエリアはかなり時間がかかるのですぐに注文すべし

外食する習慣が少ないと言われるルーマニア。共産主義時代を終え、マクドナルドが初めてルーマニアに出来たのが1995年だが、それからルーマニアの外食産業飛躍的に伸び、特に首都ブカレストのレストラン事情は競争が激しいほどになった。西欧の企業も増え外資産業のレストランも多い。

  スペイン料理で有名なValenciaはディナーにお勧め。深紅のサングリア、ボーイさんはいつも女性のグラスにフルーツをいっぱい入れてくれる。お米の硬さがなかなか本場なパエリアは シーフードがやっぱりルーマニア!?でカニカマボコが入っていることが多いのは残念だが、それでも店内のラテンの雰囲気良さでカバーできる。最後に・・オーナーがスペインで同じようなサプライズを見て始めたという「アダムとエバ」というデザートを試して欲しい。男性と女性・・その違いを強調する、ちょっと苦笑いをしてしまうデザート。ラテンの乗りを最後まで忘れない楽しい夜になるだろう。(凛) 


暖かい(熱い)スペインを思い出させるValencia
戻る