シュテーデル絵画館
Städelsches Kunstinstitut

Frankfurt/M.

最寄り駅 DB 中央駅Hauptbahnhof
     地下鉄 シュヴァイツァー広場 Schweizerplatz

開館時間 09−17時(水・木曜日ー22時)
休館日  月曜 1月1日 12月24−26日
入場料金 6ユーロ





 
シュテーデル絵画館は、18世紀後半から19世紀初頭にかけてフランクルトを中心に活躍した銀行家ヨハン・F・シュテーデルの
遺言にもとづき、彼のコレクションを基盤に美術研究所付き美術館として1817年に設立された。
その後、シュテーデル氏以外の多くのフランクフルト市民も同館に寄贈したために、世界でも珍しい市民の寄贈作品が中核をなす
美術館でとなった。

収蔵作品は、中世ドイツ絵画、ドイツ・ルネッサンス期の絵画、ファン・アイクなどのフランドル派絵画、20世紀初頭のドイツ表現主義の
作品に優れたものが多い。イタリア・ルネッサンス期、レンブラント、フェルメールなどのオランダ絵画などもあり、市民の寄贈からなっている
だけあって収蔵作品の時代、国籍も幅広い。




裸の少女 1912/19
エルンスト・ルードウィッヒ・キルヒナー

芸術家の家族 1927
オットー・ディックス

聖母子  1430
 ブルンハムのマイスター 

ロベルト・カンビン
フランクフルト

このHPに属する文書写真の無断転用を固く禁じます。copyrightcMIKI Reisen GmbH