ヨーロッパ通信 TOPページへ     


   聖歌を各家庭に♪(2006年12月21日)

ルーマニアならではのクリスマスの習慣に『コリンダ(COLINDA)ゲスト』がある。コリンダとはルーマニアのクリスマスの歌。サンタの歌はもちろんだが、キリストの誕生に基づいたものが多い。

そのコリンダをグループで各家庭を周って歌うのだ。もともとは子ども達の習慣で、子ども達は歌のご褒美(お返し)にお菓子やお金をもらう。アメリカのハロウィンに少し似ているかもしれない。都市では田舎ほど人のつながりがないと言われているが、それでもルーマニアでは地域のつながりを強く感じる良き伝統だ。

そしてルーマニアでは子どもだけでなく、高校生や大学生、大人のグループもコリンダを歌う。舞台に立っているようなオペラ歌手や司祭さんがやってきてくれることがあるのだ。もっともこうした特別なコリンダ・ゲストは事前に予約をしておくらしい。

クリスマス前週から夜になると戸がノックされ、各アパートの廊下には歌声が響く。コリンダ・ゲストが来なければルーマニアの真のクリスマスとはいえない。この時期はテレビ番組、ラジオ、どこでもコリンダが流れるが、アカペラのコリンダ・ゲストを独占しよう。(凛) 

《 コリンダの歌詞例 》
♪ 星を追ってメシアを探そう  その星は輝き 光りを放っている
今日はとても美しい日だ マリアがメシアを誕生させた
♪ 小さい家で火はないけれど(貧しく寒い家だけれど)でも明日はクリスマス、サンタがそんな我が家にも来てくれる



マラムレシュ地方の子ども達。お揃いの大きなバックはお返しのお菓子用

アパートを訪ねてきた大学生のグループ。大人は3〜4人のグループが主

司祭さんはイコンを抱えてやってきた

コリンダの楽譜はルーマニアのお土産としてもよく販売されている

戻る