ヨーロッパ通信 TOPページへ     


  ドラキュラと竜の関係(2006年3月11日)

ドラキュラこと、ヴラド公爵。ピンと伸びたヒゲ印象的

ドラキュラ城パンフレットのドラキュラ城はかなり不気味だ

実際のドラキュラ城。観光地ブラショフ近郊にある

吸血鬼として知られているドラキュラのモデルは、実はルーマニアに実在した人物だ。
 
「ドラクル dracul 」とはルーマニア語で悪魔という意味。15世紀にオスマン・トルコと戦っていた時代、ルーマニアには3つの公国があり、その1つのワラキア公国の公・ヴラド公がドラキュラのモデルだ。この公爵、人質としたトルコ兵をとても残虐な方法で拷問・処刑したため「悪魔」という意味の名前がついたと言われているが、本当の名前の由来はドラキュラの父親にある。

ドラキュラの父親がトルコと戦った功績にもらった勲章に竜が描かれていた。当時竜は想像つかないもので周りに非常に怖がられ、父親はラテン語の“Draco"(竜・蛇・悪魔) から、Vlad Dracul ヴラッド ドラクルと呼ばれる。そしてその父の名前を受け継いだのが特に残虐だった次男坊、現在知れているドラキュラのモデル、Vlad Tepes (ヴラット テペシュ)なのだ。ちなみにTepes もルーマニア語で「teapa 長い木の棒→串」 その残虐さから「串刺し公」と言われたのだ。

 ルーマニアにはいくつものドラキュラ観光名所がある。ドラキュラテーマパークも計画中という噂もあるが まだ未定。完成したらドラキュラ公もきっとやってくるかもしれない!?(凛)


ドラキュラの生家(オレンジの建物)入口には竜の飾りがある

ドラキュラメニューのスープ。お味は・・普通のスープ♪
関連記事: ドラキュラ城 不気味・・でも可愛い!?
戻る