オーストリア  ザルツブルグより

モーツアルト・チョコ
ザルツブルグは、言わずとしれたモーツアルトの町。そのザルツブルグのお土産は、と言うとモーツアルトの肖像が描かれた包みで知られる、モーツアルト・チョコが一番知られているのではないか?
このモーツアルト・チョコ、百年以上の歴史があり、ドイツの菓子メーカー・レーバー、オーストリアのメーカー・ミラベルなどの大手メーカーのものは、日本にも輸入され有名だ。が、地元ザルツブルグに行くと、上記二社以外にオリジナル・モーツアルト・クーゲル(球)を標榜する店がある。この種の有名銘菓には本家争いは、世界の常識らしく、私の見たオリジナルの看板は、ケーキ店、フュルストとシャッツ。
土地の人に聞くと、どうもフュルストの方が本家らしく、フュルスト家のポールさんが1890年に球形のチョコ菓子を作り、当初はモーツアルト・ボンボンと名付けて販売したらしい。その後、名前も形態からモーツアルト・クーゲル(球)と呼ばれるようになり、1905年パリの展覧会で金賞に輝いてから、一躍このチョコ菓子が有名になり、多くのザルツブルグの菓子店が真似たらしい。
球の中心には、ピスタッチオ、その周りをヌガーで固め、さらに外側をチョコで覆う。店舗、メーカーによって、その成分が若干違い、食べ比べすると、その若干の違いが大きな違いになっていることもある。ザルツブルグに行く機会があったら是非とも食べ比べてみてェーー。(白馬)

リッツァーボーゲン店外観

モーツアルト・チョコの製造者、パウル・フュルストの肖像も店内に

シャッツのモーツアルト・チョコ

フュルスト店内。化粧箱も可愛らしい。チョコ10個入りで15ユーロ前後

袋入りのモーツアルト・チョコもある

バッハ・チョコ。マジパンをベースにしているので味はあまり変わらない

シャッツのモーツアルト・チョコ。一個買いも可能。一個75セント

一個購入も可能。85セント(約100円)。音楽の町らしく、
ラッパについたモーツアルト・チョコも。(フュルストにて)

現在は、モーツアルト・チョコ以外にも、バッハ・チョコなどさまざまな製品が

もう一軒のシャッツ・ケーキ店

シャッツは、モーツアルト・チョコだけではなく、ケーキも美味しい

クロワサンなどパン系の食べ物もあり、スナックも可能

モーツアルト・チョコの中身は、チョコの他に、ヌガー、ピスタチオなど、、

シャッツ・ケーキ店には、喫茶室が併設されている

シャッツの喫茶室は、いつも込み合っている
戻る