オーストリア ウィーン

ウィーンウィーン風シャブシャブ?
ターフェル・スピッツ
Wollzeile 38
1010 Wien
Tel 01 512 15 77
www.plachutta.at

市内に三軒、シュテファン大聖堂の裏手の店が本店。何処も味は変わらない

ウィーン名物ターフェルスピッツ

牛肉のミックスもある

お肉を食べる前に、まずスープを

ハプスブルグ家の帝都だけあってさすがウィーンは美食の町だ。皇帝も好んだと言われるのが、南ドイツからウィーンにかけての名物とされるターフェル・シュピッツ。ターフェル・シュピッツとは、牛の腰の肉のことを言うらしいが、ドイツ料理、オーストリア料理のレストランでは、薄めのステーキを湯でる料理をさす。長い時間スープで煮込んでいるので腰肉とは言え、肉は柔らかくて食べやすい。このターフェル・シュピッツの専門店が、ウィーンに三店舗あるピラフッタ。低地オーストリアの上等な牛肉しか使わないプラフッタでは、腰肉以外の肉も同じレシピで調理した料理もあり、ターフェル・シュピッツ専門店とは言え料理内容はヴァライティに飛んでいる。(芯)

テーブル・クロスも敷かれ、ウィーンでは高級レストランの一つ

ウィーンの森?の栗を使ったモンブラン風のデザートがお勧めか?



戻る    オーストリア