ロシア  モスクワ

イズマイロフ公園のオープンマーケット  昼食 
民芸品の常設店舗が立ち並ぶ市を歩いていたら、何処からとなく美味しそうな匂いがしてきた。同行していた欠食児童は、食べ物の匂いを嗅ぎつけてもう落ち着かない。ウーン、それにしても美味しそうな匂いだワイ、と思い、前方匂いの元の方を見ると、悶々と煙が上がっている。匂いと、煙に引きづられるように進むと、マーケットの中央にバーベキューのスタンドがあった。炭火の直火焼きで、豚肉、羊肉、シャケを豪快に焼いている。昼食時間には少々早かったが、欠食児童に急かされて早めの昼食を取ることにした。これが、美味しいの、何の。シャケの直火焼きなどは、ご飯があれば、最高!と思わず口に出してしまったほどだ。羊の肉だって、ジギンスカン料理に負けないぐらい美味しかった。(露輔)


何とも美味しそうな匂いが遠くからする。空腹感が増加するような匂いだった

シャケの串刺し1本200ルーブル(約800円)、肉の串刺し約170ルーブル(約700円)。

何処の国でも、やっぱり、料理は、素材が大切で単純な調理法が一番美味しいようだ

さらに、何と超美人のロシア娘がバーベキューを焼いていた。これは、もうここで昼食にしないと!
戻る